建築確認申請の基礎知識 3  申請をしなかった場合の罰則

■申請資格

建築確認申請書の提出は一般的には建築士が行います。 資格が要求される申請ではありませんが、建築に関する知識がある方でないと難しいといえます。

■申請をしなかった場合の罰則

建築確認申請をせずに工事に着手した場合、10万円以下の罰金が課せられます。

また、建築基準法に違反したり、市区町村から工事の中止命令を受けたにもかかわらず工事を中止しなかった場合は、1年以下の懲役または20万円以下の罰金が課せられます。

ホーム



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>