建築確認申請の基礎知識 1  建築申請とは

建築確認申請の基礎知識

■建築申請とは

建築基準法によれば、工事着手前に、敷地、構造、設備など安全性の内容をあらかじめ記載した建築確認申請書を各公共団体(都道府県)市区町村、又は指定確認検査機関へ提出、又は確認検査員の確認を受けなければならないことになっています。

もしこの確認を受けずに工事に着手した場合には処罰の対象となります。

■建築基準法による基準

建築基準法では、敷地前面道路の幅によって建物の高さを決めたり、都市計画を行う上で、敷地面積に対する建築面積の割合(建ぺい率)や敷地面積に対する延べ床面積の割合(容積率)、日あたり、採光、建物の構造など守らなければならない最低の基準を定めています。

確認申請が不要な建築物



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>